頭皮ケアに効くシャンプーはコレ!多くの市販シャンプーが危険な理由

頭皮ケアに効くシャンプーはコレ!多くの市販シャンプーが危険な理由

hage42.gif頭皮ケアの一環でいいシャンプー選びって簡単なようで難しいですよね?


成分的にも市販のはよくないと聞いても何がよくないのかイマイチ。



基本的に市販の安いのだと人工素材が入ってます。
着色料や香料ですね。食べ物でも身体によくないのに、
シャンプーに入っているものはいいはずないですね。


無難なものでいえば無添加シャンプーや自然派のハーブ系がオススメです。
頭皮や髪に無駄な刺激を与えないからです。市販の安いものだと、
ダメージを与えて脱毛の手助けをしてしまうものも結構あるので。


頭皮ケアを考えてシャンプーしたいのにハゲが進行してしまったら、
笑えないですからね。。


さて、それでは少し詳しく成分面からも見ていきましょう。
なぜ安い市販のものがよくないのか?
さきほども少し触れた人工素材以外にも理由はあります。


それは石油系の界面活性剤入りが多いからです。


ちなみに界面活性剤とは、水と油の境界面の性質を変えて交わらせる物質です。
自然界では水と油は融合できませんが、それを可能にしてるんですね。
(最近は石油系シャンプーも環境のことで減ってきたようではあります。)


一言で、とくに石油系界面活性剤は髪のみならず身体自体によくないです。
浸透力が高くて頭皮や毛根にダメージを与えるからですね。


なので一層自然系のシャンプーを使ったほうが無難ということです。
もしくは界面活性剤の入っていないシャンプーですね。
多くはネットでしか手に入らないと思います。


いくら育毛剤を使っても髪にダメージを与え続けるシャンプーを使ったら、
本当にムダになってしまいますから。
髪や頭皮にダメージが溜まると抜け毛が増えるのは当然だったんです。


シャンプー選びは大事です。真剣に考えてみませんか?

関連記事


 無添加シャンプーとアミノ酸シャンプーはどっちがいいの?

 無添加シャンプーとアミノ酸シャンプーはどっちがいいの?【part2】

 失敗しない頭皮ケアシャンプーの選び方
FXはデイトレで
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。