育毛剤の中でも柑橘系育毛剤が人気がある理由と効果

育毛剤の中でも柑橘系育毛剤が人気がある理由と効果

hage40.gif育毛剤は数多くありますが柑橘系の育毛剤も人気がありますよね。


なぜ人気があるのかわかりますか?
え?なんとなくみんなが買ってるから?


そういった理由でも全然OKです。
みんなが使っているということは、少なくともひどい商品ではないので。


みかんの成分が入っている柑橘系が人気なのはこんな理由もあるからです。
それを語るにはなぜ脱毛してしまうのかを知る必要があります。


なぜ脱毛して薄毛になりゆくゆくはハゲてしまうのか?
その大きな理由の1つに、男性ホルモンのテストステロンが関係してます。
今抜け毛に悩んでいて薄毛の恐怖と戦っている人には憎い存在ですね。


このテストステロンが毛根の毛母細胞の5αリダクターゼという酵素と合体し、
髪の毛の成長を妨げるんです。

その成長を妨げる酵素がDHT(デビドロテストステロン)となるんですね。
名前からして聞くだけでテンションが下がりそうです。。


つまりDHTは5αリダクターゼという元は無害だった還元酵素が、
テストステロンによって変化させられた有害酵素ということです。


DHTは直接抜け毛に関わるというよりは、毛根の蛋白質の成長を阻害したり、
毛乳頭の活発化を邪魔、皮脂を余分に出させたりします。
かなり陰湿な働きをします。


ここで本題に戻りますが、いかにDHTを発生させないかにかかるわけです。
柑橘系の育毛剤には「リモネン」という物質が含まれてるわけです。
この物質が有害酵素を働きを阻止することが知られています。
その働きたるや84%だそうです。


まとめると柑橘系の育毛剤を頭皮に直接使っていくことにより、
リモネンの効果が育毛環境を整えてくれるということです。

関連記事


 育毛剤に過大な期待をしないことが育毛に繋がる?

 プロペシア(フィナステリド)の効果は男性で9割が実感

 ミノキシジル育毛剤の具体的な副作用は何?
FXはデイトレで
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。