育毛にいいと言われる亜鉛の効果は具体的にどうなの?

育毛にいいと言われる亜鉛の効果は具体的にどうなの?

亜鉛は一般的に髪の毛を伸ばすのにいいと言われています。
亜鉛の成分として、たんぱく質を髪の毛の組織や筋肉組織に変える働きをします。
つまり髪や筋肉にたんぱく質を同化させて、一層栄養分を浸透させます。


その亜鉛の成人の上限摂取量が1日30mgです。
過摂取は厳禁ですが、一般的には不足しがちなのが亜鉛。


牡蠣にはよく含まれていても毎日食べられないですよね?
(ちなみに牡蠣はひとつにつき約2mgの亜鉛を含んでいます。)
最大15個も毎日食べられないですね。
だからサプリや亜鉛入りの育毛剤で補強するのがベター。


なぜ亜鉛が不足すると髪にまずいのか?
髪に栄養を送る手助けをするというのもあります。


一方で髪にはケラチンという蛋白質があります。
亜鉛が足りなくなるとケラチンが作られなくなり、
外部の刺激から髪を守ったり髪の毛の乾燥を防げなくなります。


もうこなると分かりますよね?
自発的なダメージケアができなくなり抜け毛がどんどん加速します。

関連記事


 育毛の亜鉛効果をさらに高める栄養素とはコレだった

 亜鉛を摂取することで抜け毛は防げる

 亜鉛の効果を下げて育毛体質を邪魔するのはコレだ
タグ:亜鉛 育毛
FXはデイトレで
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。