自然乾燥vsドライヤー どっちが髪に悪影響?

自然乾燥vsドライヤー どっちが髪に悪影響?

ILM05_CB05017.JPG入浴後に髪の毛を乾かさずに放っておくのは夏くらいなものです。それ以外の季節はドライヤーを使いますよね?


謝った情報として知られてますが、ドライヤーはさほど髪に悪くはないです。むしろ髪の毛をザッと拭いた程度で自然乾燥待ちのほうがよくないです。


一般的にはドライヤーの温風が髪に吹き付けられることで、
髪の毛が乾燥しすぎてしまう。これが主な原因と言われてます。


でも実際はそうじゃないです。
生乾きのままタオルで擦ったりするほうが悪影響です。
自然乾燥させることによりキューティクルが開きっぱなしになり、
パサパサの髪になります。


そして生乾きを放置することで頭皮の水分が蒸発します。
すると熱が下がり頭皮が冷たくなっていきます。
頭皮の血流が悪くなるんですね。


そうなると頭皮や毛根に栄養が運搬されません。
髪が細くなり抜けやすくなります。そして抜けた部分に生えにくくなります。


実際はドライヤーも一箇所にずーっと当てない限りは問題ないです。
そして髪を乾かすポイントは片手で手グシをしながら、
後ろ髪から前髪の方向でやると効果的です。(美容師談)

関連記事


 抜け毛を抑えて薄毛進行を止める頭皮マッサージ効果はいかに?

 朝シャンをそれでも止められない方へ 薄毛を防ぐ3大対策

 まだ朝シャンしてますか?朝シャンがハゲる4つの理由
FXはデイトレで
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。