生え際が後退予防で最初に生え際のベタつきを抑える理由

生え際が後退予防で最初に生え際のベタつきを抑える理由

hage9.png
生え際は早ければ10代後半で上がってくる人もいますが、
あなたの生え際はどんな状態でしょうか?


例えば脂っこいとか、乾燥しているとか。
今回は生え際が脂っこい人に向けての情報を。
実は脂っこいにも2パターンあります。


・頭皮全体が脂っこいケース
・全体的に普通だが生え際だけ脂っこいケース



後者の場合だとタオルやヘルメットをかぶっていて、
皮脂が落ちてしまっていて過剰に皮脂分泌されている場合。
(乾燥肌だと肌内部から乾燥させないようにと皮脂を出すのと同じです)


・この場合だとファッションであれ帽子を被るのだったら止めてみる。
・仕事で被らざるを得ないのだったら定期的に通風する。



こういったことが大事です。


皮脂自体にも種類があって、多少サラッとしているのもあれば、
すごくベタついて汗自体もベタついてる場合があります。
これは危険信号。生活習慣、食事改善を求める身体のシグナルです。


こうした不純度が高い皮脂だと毛穴をガンガン詰まらせます。
すると健全な育毛を妨げます。そのまま行けばハゲ一直線です。
だからある程度はベタつきを抑えなくてはダメなんですね。


じゃあ、具体的にどうしたらいいのか?


・先ほども述べた通風をしっかりすること。
・そしてシャンプー選びです。



市販の安いシャンプーだと中途半端に洗浄力が高くて、
大切な皮脂までも奪い取っていきます。
すると乾燥させまいとして過剰供給されます。

シャンプー選びのコツはこちら


で、生え際がベトベトに。
生え際を放置しておくと頭頂部に向かっていくので、
早めの対策が効果的です。

関連記事


 生え際後退を防いだ管理人体験記 - あの頃生活は乱れていた

 生え際と前頭部の抜け毛対策には何をすべきなのか?【31歳のケース】

 オイリー肌で生え際後退してるけど抜け毛は少ない【19歳のケース】
タグ:生え際 後退
FXはデイトレで
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。